スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

映画を見ながら森林浴♪『WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~』 


最近お疲れ気味のゆずゆず です。

こんにちは。

思いっきり笑いたいな~と思い、笑えそうな映画を観に来ました。

WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~

woodjob

STORY
いまどきのゆっる~~~~~~い男子、勇気(染谷将太)は大学受験に失敗。彼女にもふられ、人生のドン底へ。偶然手にした林業研修のチラシに載っていた直紀(長澤まさみ)にひと目惚れし、かっる~~~~~い気持ちで1年間の林業研修プログラムに参加することに。しかし、そこは電車は1日に3本、携帯電話が圏外になるほどの山奥のド田舎。林業を教えてくれるヨキ(伊藤英明)は粗野で乱暴。虫やヘビ、食べなれない食事、過酷な林業の現場に耐え切れず、ある日村を逃げだそうとする……。


『ウォーターボーイズ』や『スウィングガールズ』の矢口史靖監督の最新作。
彼の作品は、ダメダメな主人公がどんどん成長していって、観終えたあとスッキリするんですよね。

今回もほんっとやる気のない主人公。何かやりたいという夢や情熱があるわけでもなく、ただ漠然とみんなが行くから大学行こうと考えて失敗、やる気も情熱も夢もないのにプライドだけはあるのが、この年代の困ったところなのよね!!(--;
友達が大学の話で盛り上がっている中、行く予定のなかった(あたりまえだけど)予備校通い。他の子と違うところを見せたくて林業を選んだろうなぁ~と、同年代の子を持つ親は、勇気の気持ちがよくわかっちゃうのですよ(^^;;

そんな気持ちじゃ、何やったってダメダメ。案の定、最初は小学生に笑われるくらいのヘタレちゃんでした。でも、少しずつできることが増えてきて、少しずつ少しずつ林業の楽しさ、奥深さがわかっていき、神去村が好きになっていくんですよね。ド田舎だと感じた神去村。最初は野性的すぎて(笑)ついていけないと思ってた人たちが、実はとっても人間味のある人たちだとわかり、徐々にお互いが仲良くなっいていく・・・

うん。さすが矢口史靖監督!観終えたあとの爽快感ったら!

もちろん笑いもいっぱい。
努力と根性の映画なんだけど、それを笑いで包んで楽しませてくれる(笑)
そんな映画です。
WOODJOB
JNNの各地のアナウンサーがふんどし姿で登場していますよ(笑)

映画のロケ地は三重県津市。今は合併して津市になりましたが、昔は美杉村と呼ばれていた場所です。美杉村の名前の通りきれいな杉林は、スクリーンからフィトンチッドが出ているみたい(笑)癒される~~。

すっかり元気になって家に帰ったら、神去村に行く前の勇気のような息子がふたり(--;;;

息子たちにも見せるべき映画だったわ。

「もっとシネマコンプレックス」では皆さんの感想も募集中です♪
ベストレビュー賞に選ばれると映画鑑賞のペアチケットがもらえま~す。
左の「ベストレビュー賞」のバナーをクリックしてくださいね。
同時にTwitterでもベストレビューを募集しています♪ハッシュタグ #motto_wmcNTをつけて感想をつぶやいてくださいね。感想をつぶやいたら@motto_wmcNTに教えてくれると嬉しいです。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vitamincinemareview.blog93.fc2.com/tb.php/610-de7fdbd5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。