スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『青天の霹靂』観ました♪ 


かりんかりんです。

劇団ひとり原作、脚本、出演、そして監督を務めた話題の映画『青天の霹靂』を観てきました♪

晴天の霹靂
STORY
浅草のマジックバーで働くさえないマジシャン轟晴夫(大泉洋)。ある日、警察から電話があり、ホームレスとなっていた父親の遺体が線路の高架下で見つかったという。遺骨を抱え、父が住んでいた段ボールハウスを訪れた晴夫は、若き日の父と赤ん坊だった自分の写っている写真を見つける。惨めな生活をしている自分と父を重ね涙する晴夫に、突然、青い空を割って稲妻が光り彼の体に直撃をする。目を覚ました晴夫がいたのは40年前の世界だった。愕然とする晴夫だったが、浅草の雷門ホールで芸人として働くことになり、そこでマジシャンだった若き日の父(劇団ひとり)と母(柴崎コウ)に出会う・・・


劇団ひとりの初監督作品なんですが、初とは思えない出来栄えでした!
実は私、あんまり期待していなかったんですよね。
大泉洋のファンなので観たのですが、映画が終わった後申し訳ない気持ちになりましたもん。
「御見それいたしましたm(__)m」って監督に謝りたいです(笑)

原作は読んでいないのでよくわからないのですが、映画は愛にあふれたとっても優しい作品でした。
自然と涙が出てきましたね~。

とくに柴崎コウが演じる母と晴夫の病室のシーンでは、晴夫の口から出る優しい言葉に涙・涙でした。
こんな言葉を子どもに言われたら、母親なら誰でも涙腺崩壊だと思います。

ホントによく言われることですけど、男性は子どもが生まれてから父親になりますけど、女性は身ごもったときからもう母親なんですよね。
それが劇団ひとり演じる父親と柴崎コウ演じる母に表れていてなるほどな~と納得。
柴崎コウの母親役は初めて見たけど、とても素晴らしかったです。
普段のキリリとしたコウちゃんと違って、終始とても優しい表情で、子どもを守る母の顔でしたね~。

それと忘れちゃいけないのが、大泉洋のマジックシーン。
全編、吹き替えなしで全部本人が演じているそうです。
これがもうプロ級なんですよ!!

仕込みのある大掛かりのものはなんとなく少し練習すればできそうな気がしますけど、コインやカードといった類のマジックは、手元がアップになるしごまかしがきかないじゃないですか。
いや~、とにかくよくここまで練習した!頑張った!!と褒めてあげたいです(笑)

若かりし父とコンビを組み、ネタを披露しているシーンは、大泉洋と劇団ひとりならではの掛け合いで、このまま実生活でも「ペペチン」としてコンビを組んでくれないかな~と思うくらいおもしろかったです♪

タイムスリップ後の昭和の町並みはセットではなく、すべてロケなんですって。ここがひとり監督のこだわりで、自分が俳優をやっているときにロケのほうが気持ちを作りやすかったからなんだそう。

今では当たり前になっているCGをあえて使わず作品を作ることができたのも、ある意味初監督だからこそできたのかもしれませんね。

老若男女すべての人にオススメできる作品ですが、とくにちょっと疲れているサラリーマンのお父さんや、やさぐれちゃっている男の子など、心に重たい感情を抱えている人にはぜひぜひ観てもらいたいです。
きっと抱えていたものがフッと軽くなりますよ~。


「もっとシネマコンプレックス」では皆さんの感想も募集中です♪
ベストレビュー賞に選ばれると映画鑑賞のペアチケットがもらえま~す
。左の「ベストレビュー賞」のバナーをクリックしてくださいね。
同時にTwitterでもベストレビューを募集しています♪
ハッシュタグ #motto_wmcNTをつけて感想をつぶやいてくださいね。
感想をつぶやいたら@ motto_wmcNTに教えてくれると嬉しいです。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vitamincinemareview.blog93.fc2.com/tb.php/613-dee2a459

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。