スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

ほっこり幸せな気分になる『舞妓はレディ』 


ゆずこんにちは!ゆずです。

TVで映画の紹介が流れるたびに「おもしろそう~~」と思っていた映画 『舞妓はレディ』 を観てきました。
期待以上のおもしろさでしたよ(^^)

舞妓はレディ
STORY
京都のお茶屋 万寿楽に、なまりのきつい少女・春子(上白石萌音)が、「絶対に舞妓になりたい」と押し掛けてくる。紹介者もいなく、京言葉が話せない春子を、誰も相手にしなかったが、偶然その場にいた言語学者の「センセ」こと京野(長谷川博己)が興味を持ち、老舗呉服屋の社長・北野織吉(岸部一徳)と、春子を一人前の舞妓にできるかどうかカケをすることに。
晴れて春子は万寿楽の仕込み(見習い)になった。春子には舞妓になりたい大きな理由があったのだ。しかし、それは万寿楽の人たちには決して知られてはいけないこと・・・。夢を叶えるために、厳しい花街のしきたり、唄や舞踊の稽古、そして何より慣れない言葉遣いに戸惑いながらも、舞妓を目指して稽古を続けていく・・・。


『Shall we ダンス?』の周防正行監督が、20年(!)あたためてきた企画を映画化。
おもしろくないわけがないですよ。

ヒロインはオーデションで800人の中から選ばれた上白石萌音さん。
かわいい顔から想像もつかない(笑)力強い歌声に圧倒されます。

そして、アラサー&アラフィフマダムに大人気の長谷川博己さん。

歌うんです!踊るんです!!みなさん知ってました?(笑)
長谷川さんの歌声、はじめて聞きました。
もう、これだけで劇場に足を運ぶ価値ありですわよ!!

ちょっと計算高いずるがしこそうな長谷川さん、10代の女の子のつく嘘に焦りまくる長谷川さん。
ご飯3杯はいけますね!!<違

他にも、ちょっとだけど妻夫木聡さんも出ています。
悔しかったのは、エンディングを見るまで加瀬亮さんが出ていることに気づかなかったこと(T^T)
うわぁ~~~ん。あの場面だったのか~~~!!
これから観に行く人は探してみて。
ヒント:瀬戸朝香さんと一緒です。

『舞妓はレディ』は、みなさんお気づきだと思いますが(笑)『マイ・フェア・レディ』のパロディです(^^)
下町の花売り娘イライザを言語学者のビギンズ教授が社交界デビューさせる『マイ・フェア・レディ』。
映画ではヒロインをオードリー・ヘップバーンが演じましたね(^^)
上白石萌音さんも、オードリー・ヘップバーンにひけをとらない演技を見せています。
舞妓姿になった上白石萌音さんの姿には、うっとり魅了されちゃいますよ。

他にも『Shall we ダンス?』のパロディに爆笑。
これは竹中直人さんと渡辺えりさんの名場面の再現です(^^)


撮影は京都で行われたのかと思いきや、埼玉ですって。
大がかりなセットを組んで、そこで行われたそうですよ。
リアルな京都の町並も見逃せません。



ユニーク!
そしてハートフル!!



観終わった後、ほっこり幸せな気分になれる映画。
お休みの日に家族で観に行って欲しいです。
もしくは仲の良いママ友と出かけて、長谷川さんの魅力に「きゃーきゃー」言ってきてください(笑)

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vitamincinemareview.blog93.fc2.com/tb.php/633-cc428088

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。