スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

空腹で見に行ってはいけません! 『小野寺の弟、小野寺の姉』 


ゆず三連休は雨の予報。
残念?
いえいえ、絶好の映画日和です。
寒さを吹き飛ばす、観ると心がポカポカする映画はいかがですか?
ゆずのおススメは、『小野寺の弟、小野寺の姉』です。

小野寺の弟、小野寺の姉

STORY
40歳のより子(片桐はいり)と33歳の進(向井理)の小野寺姉弟。両親を早くに亡くし、ずっと2人暮らしの姉弟は、生き方がちょっと不器用。弟、進は過去の失恋がトラウマとなって恋愛に臆病、姉、より子はこだわりが人一倍あるクセのある性格。そんな彼らのもとに誤配達された一通の手紙。その手紙をきっかけに、姉弟の恋と人生が思わぬ方向へと転がりだしていく・・・。


独特の風貌の片桐はいりに、イケメンの向井理。
どう見ても姉弟には見えないふたり(笑)
ところが、映画を観ていると、もう姉弟にしか見えなくなるんです。

セントバーナードとトイプードル。
見た目は違うけど、どっちも犬!みたいな。<ちょっと違うか?(笑)

見た目も、性格も違うのに、お互いを思いあう優しさが姉弟に見えてくるのかなぁ・・・
姉思いの弟、弟思いの姉、ふたりとも自分の幸せよりも相手の幸せ優先しちゃうんです。
そんなふたりに訪れた幸せの予感・・・

クスクス、クスクス笑いながら、気が付けば頬を涙が伝わっている・・・そんな映画でした。

監督は今回が初めての西田征史氏。西田氏は原作小説「小野寺の弟・小野寺の姉」の著者で脚本も務めています。
今まで『怪物くん』『妖怪人間ベム』、アニメ『TIGER & BUNNY』の脚本も担当していたんですって。ファン待望の初監督作品なのだそうですよ。
確かに初めてとは思えないテンポの良さで、最初から最後までグイグイ画面に引き付けられました。

引きつけられたといえば、より子が作るご飯がとっても美味しそうなんですよ。
純和風のご飯。炊き立てのご飯にお味噌汁、鮭・・・。
お昼ごはん前に行ったので、とっても辛かったです(笑)
映画のお料理の監修を務めたのは、農家直送の野菜を使った体に優しいお料理がいただける中目黒の「はな豆」のオーナー三原葉子さん。
「はな豆」では、『小野寺の弟、小野寺の姉』のお料理が食べられる「小野寺の食卓コース」が始まったそうです。
食べてみたぁ~~~~い♪
小野寺の食卓コースの詳細はこちら⇒☆

自分でも作ってみたい!!と思った方は、小野寺家今日のひとしなでレシピを公開中です。
小野寺家今日のひとしなはこちら⇒☆

もしかしたら、このふたりの優しさは、この優しい食事を食べているからかもしれません。
そんな風に思える食卓です。

明日11月1日は映画の日。
誰でも1,100円で映画を観ることができます。
三連休初日、優しい気持ちになれる『小野寺の弟、小野寺の姉』おススメですよ。

三連休、映画を観たら是非感想を送ってくださいね。
左上のベストレビューのバナーから応募できます(^^)

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vitamincinemareview.blog93.fc2.com/tb.php/647-0eb88e6c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。