スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『西遊記 はじまりのはじまり』観てきました♪ 


いちご

誰もが知っている『西遊記』、
でも、とんでもないことになっているんです!!(笑)
超メガ盛り大ヒットの「西遊記 はじまりのはじまり」を観て来ました♪♪

西遊記

STORY
川辺にある平和な村に、突如として半漁半獣の妖怪が出現。何人もの村人が犠牲になってしまった。若き妖怪ハンター・玄奘(ウェン・ジャン)は、子守唄で妖怪の持っている善の心を呼び覚ますという変わった手法で妖怪退治に乗り出す。しかしそれは、苦難の連続だった。豚の妖怪、さらには妖怪の大王・孫悟空にも立ち向かっていく。それでも敵だった彼らを弟子として迎え入れることで、玄奘は、三蔵法師となり、本当の愛に気付き大きく成長する。そして孫悟空、猪八戒、沙悟浄を率い、罪を償い人々を助けるために、天竺への旅に出る――。


いや~~~、面白かったぁ~~~。
映画のキャッチコピーよろしく、「とんでもねー!!」の映画でした♪
誰もが知っている『西遊記』、そして、誰も知らなった『孫悟空』。


『西遊記』の本家、中国で公開されてわずか15日間で
興行成績148億円と言う異例の大ヒット映画になったのも納得です。

チャウ・シンチー監督の普遍的なテーマ、
「愛」と「小さなギャグ」のオンパレードに、
あまりにも笑い過ぎて、頬のお肉が痛くなってしまったほど(#^o^#)。

「次来るぞ~」と分かりきったギャグもあれば、
期待をとんでもなく裏切ってくれるストーリー展開もあり・・・。

様々な悪行により500年間幽閉された孫悟空・・・。
これが、また、色々とやらかしてくれるんです(笑)。
笑いのツボにはまりましたっ!

猪剛列(猪八戒)がオーナーの料理店での
天海祐希似の美人妖怪ハンター、段の戦いもお見事でしたぁ~。
彼女の武器、無限変幻リングと妖怪カプセル、服従シールも魅力的です!
(宮沢賢治の『注文の多い料理店』を映像にするとこんな感じかなって、思えるようなちょっとグロテスクなシーンもありましたが)

大きな愛も、小さな愛も、愛に大小はない!と、失って初めて愛の大事な真理を悟った玄奘(げんじょう)。
始めは、髪の毛がボサボサだったのに、なぜ、丸坊主になってしまったのでしょう?
ここにも「とんでもねー!!」の理由が・・・。
それは、見てのお楽しみ~~~♪♪

それと、あのエンディングテーマ!
どこかで聞いたことがあると思ったら、Gメン75だぁ~。
中国でも有名だったのかしら(笑)。
素直に、最後の最後まで笑わせてもらえますよ♪
惜しい程にあっという間の2時間でした。

『妖怪ウォッチ』、『妖怪ヌ~ベ~』、そして、この『西遊記』、
今年は、妖怪てんこ盛りの年ですね!!
友達同士はもちろん、ご家族でも、とても楽しめる映画のひとつです♪。

皆さんの感想もぜひぜひ聞かせてくださいね~。
お待ちしていま~す♪♪

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vitamincinemareview.blog93.fc2.com/tb.php/652-21629432

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。