スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『ベイマックス』 観てきました♪ 


いちご

寒くなりましたね~。
1年で一番忙しい時期!疲も出やすいですよね・・・、そんな時は、
「ベイマックス」の優しさと感動で、心を元気にしてもらいましょう~♪

ベイマックス

STORY
サンフランソウキョウに暮らす14歳の天才少年ヒロは、自ら開発したロボットを使い、ロボット格闘技に夢中になっていた。ヒロの良き理解者でもある兄タダシは、そんな弟を案じ、自身の通う大学にヒロを連れて行く。タダシの研究仲間やロボット工学の第一人者キャラハン教授と出会い、感銘を受けたヒロは、大学で最先端の科学を学ぶことを決意。しかし、そんな矢先、不慮の事故でタダシは帰らぬ人となってしまった。心にぽっかり穴が開いたヒロを救ってくれたのが、タダシが開発したケアロボットの「ベイマックス」。兄の死の裏に巨悪が潜んでいることに気付いたヒロは、ベイマックスを戦闘機に改良し、仲間と共に立ち上がる。

ディズニー史上初の優しすぎるロボットと少年ヒロの絆を描いた感動のアドベンチャー!!


「はじめまして。私はベイマックス。あなたの心と身体を守ります。」
劇中なんども出てくるこの言葉の優しさに、とっても癒されました。

大きな瞳で心と身体の健康状態を瞬時にスキャンし、おせっかいすぎる程に真剣にケアしてくれるケアロボット、「ベイマックス」。
1万通りの治療方法がインプットされているんだとか。

丸くて、白くて、大きくて、柔らかくて、抱きしめたくなるようなベイマックス~。
一瞬にしてファンになりました。


ドン・ホール と クリス・ウィリアムズの両監督は、
視察で日本に訪れた時に、数多くの日本文化に感銘を受けたそうで、
沢山の日本文化が作品中も登場しています♪

たとえば、路地裏の無雑作に積まれたビールケース。
日本人なら、なんてことないと思いますが、
彼らにとってはまさにAMAGING!!

東京駅は警察署として、新国立劇場はタダシが通う大学の校舎として、渋谷駅や新橋駅、浅草の仲見世通りの看板、路面電車など登場しています。

ベイマックスの愛嬌ある顔も、神社の鈴をヒントに出来上がったそうで~す。
両監督がAMAGINGと賞した日本の物を、探すのも面白いですよ♪

それから、チェイシングのシーンでは、
空気が抜けて、倒れそうになっていくベイマックスに、
会場全体が笑いの渦。
息を吸うのも大変なくらい、お腹を抱えて笑えました!

でも、お笑いだけで終わらせないところは、さすがディズニー映画ですね。
壮大なスケールで描かれる絆の物語でもあるので、
何があってもヒロを守ろうとする一途なベイマックスの姿には
涙が止まらなかったです。

「ベイマックス」を
今年最後の感動映画として締めるもよし、
来年の幕開け映画にするもよし、
たくさん笑って泣いて、優しさに包まれてください♪。

今年1年、皆さんの感想をたくさんお寄せ頂き有難うございました。
2015年も、皆さまに感動することがたくさん起こりますように♡♡♡。
ステキな映画に出会ったら、ぜひ、感想など送って下さいね。
お待ちしていま~す♪♪

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vitamincinemareview.blog93.fc2.com/tb.php/657-57cdfffe

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。