スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

現代版若草物語?仲良し姉妹に癒される『海街diary』 


ゆず
雨が降ると気分が滅入るゆずです。
でも、こんな時期に行きたくなるのが鎌倉。
鎌倉って雨が似合う街だと
思いませんか?

そんな鎌倉を舞台に4姉妹の絆を描いた
海街diary

姉妹だからこそ、言いたいことを言って大喧嘩もするけれど、誰よりも相手のことを心配している。
子どもの頃読んだ「若草物語」を思い出しました。

海街diary
STORY
鎌倉で暮らす三姉妹、幸(綾瀬はるか)、佳乃(長澤まさみ)、千佳(夏帆)。15年前に両親が離婚し、父親は行方不明、母親は再婚して北海道に住んでいるため、祖母の残した古い一軒家に姉妹で暮らしていた。
そんな姉妹のもとに行方不明になっていた父親の訃報が届き、葬儀に出席するために父親が住んでいた山形に向かい、そこで異母妹すず(広瀬すず)と出会う。すずの母は既に病気で亡くなり、頼りない父親の再々婚相手と暮らすことになる すず の身を案じて、長女の幸は「一緒に鎌倉で暮らそう」と誘い、すずも快諾し、四姉妹での鎌倉暮らしがスタートした。


吉田秋生の大人気コミックを実写化。
私も大好きな漫画です(^^)
好きすぎて、原作のイメージが壊れていたらどうしようと心配していましたが、まったくの杞憂でした。
なんせ監督は、『そして父になる』の是枝裕和監督。
病院のミスが原因でできた血の繋がらない2組の親子の姿を追って、本当の親子の絆とはなにかを考えさせた映画。

今回は母親が違う姉妹の物語。
父親に捨てられた3姉妹と、その父親と父親を奪った女生徒の間にできた妹。
お姉ちゃんたちのことを好きになれば好きになるほど、自分はお姉ちゃんたちを苦しめたふたりの子どもだという事に悩むすず。
一見、すぐに仲良くなったように見える四姉妹だけど、ところどころにぎこちなさが・・・。
それが徐々に無くなっていくんです。

コーヒーにクリープをいれると、最初は粉として浮いているけどかき混ぜてるうちにコーヒーに溶けて、やさしいミルクコーヒーになるように。
一度混じり合ったら、もうコーヒーとクリープにわけるのは無理。
最初からミルクコーヒーだったかのように存在するの。

すずも、とても自然に姉妹の中にとけこんでいくの。

是枝監督って、何気ないシーンを通して、家族の絆が結ばれていくシーンを描くのが上手ですよね~~!!
私は幼いころ父親が出て行って、父親の記憶があまりない三女の千佳が、すずが話す父親の思い出話を聞くシーンが、とても心にジーーンと沁みてきました。
ほんとなんの変哲もないシーンなんですけどね。

三姉妹の母親が会いに来た時、すずのお土産だけ包装紙が違うのは、すずのお土産だけ忘れていて、慌てて空港で買ったからなんですって<裏設定(笑)

言われなければ気づかないようなシーンにもこだわっているんですね。

淡々と物語が進む映画だけど、見終わった後は心がほっこりする映画です。

そして、この映画を見ると鎌倉に行きたくなっちゃうんですよね~。
オススメのスポットを紹介。

海街diary
撮り鉄さんに人気の御霊神社(笑)。
今の時期は紫陽花がきれいですよ。
トンネルから抜けて、紫陽花のすぐわきを通る江ノ電が見れます。

海街diary
すずのお友達の家は腰越漁港の漁師さん。
江の島の手前にあるこちらの漁港では、直接釜揚げしらすを買うこともできますよ。
月に数回、木曜日には朝市も行われています。

私はまだ行ったことがありませんが、江の島にある文佐食堂は、今回の映画で何度も出てくる海猫食堂のロケに使われた食堂です。
映画同様、地元の人達に愛されている食堂だとか。
いつか行ってみたいです(^^)
文佐食堂⇒食べログ http://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140403/14023018/

この映画を見たら、梅雨も楽しくなっちゃうかも。
ちょうど6月は映画が1300円で見られるキャンペーンを開催中なので、雨の日は映画館にGOですね!!

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vitamincinemareview.blog93.fc2.com/tb.php/689-ebdc0f55

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。