スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『エベレスト3D』観ました♪ 


かりんかりんです♪

センター北のイオンシネマ港北ニュータウンでは
11月中何度でも1300円で映画が観られるポイントカードのキャンペーンを行っています♪

エベレスト

ポイントカードを窓口で買って(200円)ワタシアターにログイン。
ログイン後ポイントカードに記載されているクーポンコードを入力し、
e席リザーブでチケットを買うだけ♪

詳しくはこちら↓のページをご覧くださいね。
http://www.aeoncinema.com/cinema/event/2015/201511pc/index.html

さて、かりんは大迫力の映画『エベレスト3D』を観てきました♪

エベレスト

STORY
世界にその名をとどろかせるエベレスト登頂を目指し世界各地から集まったベテラン登山家たちは、参加者の体調不良などトラブルが重なり下山が大幅に遅れる。さらに天候が急激に悪化し、命の危険性が劇的に高いデスゾーンで離れ離れになってしまう。ブリザードや酸欠などの極限状況に追い込まれた一行は……。(イオンシネマ作品案内より)


以前から書いていますが、映画館で観る醍醐味はなんといっても迫力ある大画面で観られること!!
この『エベレスト3D』を映画館で観ないなんてありえない~~。
おまけに私が観たスクリーンは1番シアターのULTILA✨
鮮明な映像とシアターに響き渡る音響システムで
たぶん通常サイズのスクリーンよりも何倍も興奮して観られたと思います。

だってね、一緒にエベレストを登っているような感覚になるんですよ~。
吹雪の時は風の音さえも不気味で怖かったです。
ラストのほうでは観ているだけの私まで息苦しかったです。

この作品は1996年にエベレストで起きた遭難事故を映画化しています。
作品中に日本人女性の難波康子さんという登山家が登場しますが、
エベレスト登頂時、6大陸最高峰を制覇し、7大陸最高峰にチャレンジ中でした。
実話なので皆さんご存知だと思いますが、彼女は下山中に厳しい気候にさらされてお亡くなりになっています。

実は私は当時ニュースで話題になったにもかかわらず、ほとんどこの事実を覚えていませんでした。
改めて映画を観て、こんな過酷にことにチャレンジしていた日本人女性がいたことに驚き、自分の無知を恥じました。
登山に関しても、高山病という言葉は知っていても、脳浮腫や肺浮腫に至り命の危険があることも知らなかったし、公募登山隊や商業化など、現在の登山の実態なんかもこの作品を通して知りました。
事故から20年の歳月が経とうとしていますが、この映画が今公開されることに何か意味があるのかもしれません。

このエベレスト遭難事故を真摯に映像化したスタッフと、極限状態における人間の業を見事に再現していたキャストに拍手を送りたいです。
月並みだけど、大自然の前では人間なんてちっぽけな存在なんですね。


『エベレスト3D』をご覧になるなら
ぜひイオンシネマ港北ニュータウンのULTILAでご覧になってくださいね。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vitamincinemareview.blog93.fc2.com/tb.php/716-3cf9f26b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。