スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

イケメン揃いの『信長協奏曲』でパワーもらっちゃおう♪ 


ゆず
2016年もセンター北のノースポート・モール7F イオンシネマ港北ニュータウン
たくさん映画が見たいゆずです。

毎週月曜日のハッピーマンデーは、誰でも全作品が1,100円均一。
映画の封切は週末が多いので、新作を見るなら月曜日ですよね♪
同じことを考える人が多いようで、月曜日の映画館はたくさんの人が来ていました。

信長協奏曲
手数料がいらなくなったe席リザーブで、
チケットを購入してから映画館に来ると、
並ばずにすぐに入れて時間の節約になるので便利ですよ♪

今回私は『信長協奏曲』を観に行きました。

信長協奏曲
STORY
戦国時代にタイムスリップした歴史が苦手な高校生サブロー(小栗旬)は、自分と顔が酷似した織田信長(小栗旬)と遭遇する。武将の座を投げ出したいと考えていた彼と入れ替わったサブローは、知らず知らずのうちに史実の信長と同じ道を突き進んでいく。安土城を築き上げ、妻・帰蝶(柴咲コウ)から慕われ、恒興(向井理)をはじめとする家臣からの信頼が厚いサブロー。明智光秀を名乗って生きる信長は、そんな彼に嫉妬し、憎しみを抱くように。やがて信長は、本能寺で帰蝶との結婚式を挙げるサブローを亡き者にしようとするが……。(イオンシネマ作品案内より)


2014年にフジTVの月9ドラマとして、最高視聴率15.8%を記録した『信長協奏曲』の続きのお話です。
ドラマは本能寺の変の前で終わってますが、映画では本能寺の変まで行っちゃいますよ。

ドラマ版との一番の違いは、
やはり合戦のシーンの迫力でしょうか?
大きなスクリーンだと見ごたえありますね。
エキストラとCGをうまく組み合わせ、合戦シーンを作ったそうです。
画面を埋め尽くす織田信長軍や明智光秀軍、羽柴秀吉軍。
味方として頼もしく思えたり、途方もない敵に絶望を感じたり…
セリフがなくても、画面から秀吉の気持ちが伝わってきます。

また、歴史好きの人は、安土桃山城も是非チェックしてみてください。
他に類を見ない豪華絢爛なお城でしたが、記録が全然残っていないので、
いろんな映画に想像上の安土桃山城が登場しています。
この映画の安土桃山城も豪華ですよ~(^^)

そして、最後の本能寺の変では5日間かけて炎上シーンを撮影したのだとか。
こちらの迫力も凄まじいものがあります。
役者さん熱くないのかしら?火傷しなかったかしら?心配しちゃう(^^;;

ハラハラドキドキのシーンの連続でした。

映像の感想を先に話しまいましたが、役者さん達の演技も当然見ものです。
ひとり二役を演じた小栗旬さんは、表情がまるで違うのですよ。
同じ顔をしているのに別人。

そして山田孝之さん。
やはりこの人は凄い俳優さんです。
直視できない、狂気の顔でした(><)コワイ

でも、ふたりともイケメン(笑)
怖い顔しててもイケメン(笑)
他にも向井理さんや、キスマイの藤ヶ谷太輔さんなど、イケメン揃いです。ウハウハです(笑)

ツンデレな柴咲コウさんも、とてもとてもかわいかったです。

120分と上映時間は長いのですが、その分満足できると映画です(^^)

信長は?
光秀は?
歴史は果たして変わったの?

それは映画を観てのお楽しみ。

言っちゃったら映画を観る楽しみが半減しちゃいますものね。

是非仲の良いお友達、もしくは親娘で出かけて欲しいな~。
観終わった後、いろいろ話したくなると思いますよ。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vitamincinemareview.blog93.fc2.com/tb.php/729-f8a0ba48

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。