スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

『エヴェレスト 神々の山嶺』観ました♪ 


かりんかりんです♪

寒の戻りはあるものの、桜の開花宣言も出て、いよいよ本格的な春ですね!
今週くらいから春休みに入ったお子さんも多いのかしら~?

春休みと言えば、恒例の「映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生」が始まっていますね!
センター北のイオンシネマ港北ニュータウンでも連日大人気♪

032602
映画館でしか買えないポップコーンBOXも発売されているので、映画の記念にぜひ買ってみてくださいね。

さて、かりんは骨太な映画『エヴェレスト 神々の山嶺』を観てきましたよ~

032601

STORY
ネパールの首都カトマンズ。ヒマラヤ山脈が見えるその街で、日本人カメラマンの深町誠は古めかしいカメラを見つける。それはイギリス人登山家ジョージ・マロリーが、1924年6月8日にエベレスト登頂に初めて成功したか否かが、判断できるかもしれないカメラだった。カメラについて調べを進める深町は、羽生丈二というアルピニストの存在にたどり着く。他人に配慮しない登山をするために孤高の人物となった彼の壮絶にして崇高な人生に触れるうちに、深町の胸にある思いが生まれる。(イオンシネマ作品紹介より)


夢枕獏の世界的ベストセラー小説「エヴェレスト神々の山嶺」を初実写化した本作品は、実際にエベレストの標高5200M級での撮影を敢行。キャスト、スタッフ共に10日間かけて高度順応しながら登り、1カ月以上に渡るネパールロケに命懸けで挑んだそうです。「この作品のために、これまでの人生があった」とキャストも語るほどのドキュメンタリーさながらの迫力ある映像とお芝居はただただ圧倒されます。

野心家のカメラマン深町を演じるのは昨年の日本アカデミー賞主演男優賞、助演男優賞のダブル受賞を果たし、名実ともに日本を代表する役者へと成長した岡田准一。
孤高のアルピニスト羽生丈二を演じるのは「テルマエ・ロマエ」シリーズなどで強烈な印象を残す阿部寛。

エベレストでのこの二人の共演が素晴らしく、よくぞここまでがんばりましたと拍手を送りたいです。
特に阿部寛のラストシーンは圧巻です!

ぜひイオンシネマ港北ニュータウンの大きいスクリーンでご覧になってくださいね。

映画を観たら左上のバナーをぽちっと押してベストレビュー賞への感想もお寄せくださ~い!

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vitamincinemareview.blog93.fc2.com/tb.php/738-a19544f5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。