スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

1月のベストレビュー賞 


かりんみなさん、こんにちは♪
かりんです。

毎日寒いですね?(T_T)
関東地方でも例年になく雪が降って足下がおぼつかなくて大変です。
ビタママエリアは坂が多い街ですから、
転んで怪我などすることないよう、
みなさんお気をつけくださいね。

今月もベストレビュー賞にたくさんの感想を送ってくださってありがとうございます。
雪のシーズンにぴったりの映画「銀色のシーズン」の感想も届きました。
瑛太や玉山鉄二にも会えるし、迫力ある映像は大スクリーンならではですよね。
公開されたばかりの話題作「陰日向に咲く」の感想もいただきました。
みなさん、チェック早いですね!
これから観に行かれる方もぜひ参考になさってくださいね。

それでは、
みなさんからの感想とベストレビュー賞の発表です。



ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記

1月1日、ゴールドクラスで見ました。 
元旦からとてもゴージャスな雰囲気の中、
映画がスタート!何と言ってもストーリーの展開が早い!
ニコラス=ケイジ演じるベン=ゲイツが謎解きをしながら語ってくれるので、お話も非常にわかりやすいです。 
今でもリンカーン暗殺については、たくさんの謎が残されています。
その謎伝説の黄金都市のお話を絡めたゾクゾクするようなドタバタ=アドベンチャーです。
笑いもあり、ラブもあり、親子愛ありの新年にはもってこいの映画です。
インディー=ジョーンズのようなシリーズ化を望みます。 
・・・難点は、ニコラスの頭が少々不自然だったことでしょうか??(笑)

HN みる



アース

4歳と7歳の子供と見に行ってきました。
4歳の子には難しいかな?と思っていましたが、最後まで見入っていました。
とにかく美しく、壮大でした。
ディープブルー同様、こういう映画は大スクリーンで見なくては!!と言う感じでした。
動物や鳥達、一匹、一匹、そして、花や草、木々のひとつひとつに生命の神秘を感じるすばらしいものでした。
ただ綺麗なだけでなく、霊長類などは結構面白く、子供と一緒に笑ってしまいました。
そして、そんな美しい地球の奇跡を私達自ら脅かしている・・・。
このことは子供にとっては、ものすごくショックなことだったようです。
この地球の美しさを守るために、みんなが少しずつ何かをしたくなる、自分の子供、孫・・・ずっと見せてあげたい・・・そんな映画に仕上がっていました。

HN がってんだ



マリと仔犬の物語

わたしは1月12日にまりとこ犬のものがたりを見ました。
はじめのコマアシャルは、こわかったけど、まりとこ犬のものがたりは、こわいんじゃなくて、とってもかんどうしました。
とっても大きいじしんのおはなしでした。
ほとんどのがめんがとってもかんどうしました。
いくときは、こわいのかな、とおもったけど、ぜんぜんこわくありませんでした。
ほとんどのがめんで、かんどうして、ないていました。
でもおねえちゃんも、おかあさんもないていました。
そのいぬをかっていた人も、犬もこ犬もかわいそうだと思いました。
わたしはおとなになっても、まりとこ犬のものがたりを、ずっとこころにしまっておきたいとおもいます。
(1年生の子どもの感想文です。映画から帰ってきたら、自らすすんで書いていました。よっぽど感動したようです)

HN ゆうき



銀色のシーズン

友情や葛藤そして恋愛といろんな要素が盛り込まれた映画です。ストーリーも意
外な展開があったり、何よりスキーをしたくなります。ゲレンデで出会う男性は
素敵に見えるとよく言われますが、雪男3人組は個性豊かでとても魅力的でした。

HN ポン吉



銀色のシーズン

とにかく見終わった感想は「すっきり!さわやか」
イケメン3人(瑛太さん・玉山鉄二さん・青山崇高さん)は見ているだけで幸せだったし、スキーシーンは圧巻でした。
その昔、スキーに行く前には「私をスキーに連れて行って」を見てテンションをあげていた事を思い出して、この映画を見て、またそうやってスキーに行く人が増えるのかな?と思ってしまいました。
と言うか、私自身も今スキーに行ったら、まるで映画の中の登場人物にでもなれるほどスキーが上手かったつもりになっていました。
それくらい惹き込まれて、一緒にその場にいるような気分を味わってきました。
とにかく、とても爽やかで、楽しい映画でした。
もう一度、見たいです。

HN ぴーすけ



陰日向に咲く

登場人物がそれぞれ抱えているモノが、とても切なくて、映画館にいる自分も、何だか一人ぼっちになってしまったような気持ちになっていました。
けれど、その切なさも、本当はとても愛おしく、大事なものや大事な人と、ちゃんと繋がっているんだ、と考えさせられたり、明日はきっと晴れる、頑張ろう!と思えたり…。
泣いたり、笑ったり、ほんわかしたり、最後は晴れ晴れとした気持ちになる、そんな映画でした。
原作は読んでいなかったのですが、映画を見終わって、原作も読んでみたくなりました。

HN コロン



それでは1月のベストレビュー賞の発表です。

もう、今月は満場一致でしょう!
「マリと仔犬の物語」の感想を送ってくれたゆうきちゃんに決定です。
小学1年生の女の子が自分から感想を書いてくれたそうです。
とてもしっかりした文章で読んでいておばちゃんは泣いてしまいました
いつまでも映画で観たこと感じたことを忘れないでいてくださいね。

ゆうきちゃんにはワーナー・マイカル・シネマズ 港北ニュータウンで使えるペアチケットをお送りします。
お母さんやお姉ちゃんと一緒に春休みにでも観に行ってくださいね。
それで、また感想を送ってください。
かりんおばちゃん、楽しみに待ってます♪

今回は強力なライバル(笑)がいて惜しくも残念だった方たちも、懲りずにまたベストレビュー賞に応募してみてくださいね。
お待ちしています。

横浜・川崎&近隣エリアの情報ならビタミンママ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vitamincinemareview.blog93.fc2.com/tb.php/92-fcd3a418

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。